ゼルダの伝説のゼルダ姫は、かわいいけれど、恐ろしい人だと思う理由

ゼルダ姫とは恐ろしい人

ゼルダ姫が真の首謀者では?

ニンテンドー3DSのソフト、ゼルダの伝説シリーズ・時のオカリナというものを、私はクリアしました。最後、とっても感動したのですが、同時に、私はゼルダ姫に対して、ちょっと疑問が生じたのも事実です。疑いというか、恐怖を感じました。かわいい方なんですけれどね・・

この女性こそ、本当の黒幕で、ハイラル滅亡の首謀者なんじゃないかという疑いが私の中で払拭できないのです。

ゼルダ姫は絶対に、主人公より強くたくましい

なぜなら、時のオカリナをクリアした人なら分かると思うのですが、あの女性、ゼルダ姫って、かわいいだけでなく、すごいことをやってのけるのです。ゲームの最後に主人公がボスを倒した後、ゼルダ姫と一緒に崩れかかった城から逃げるんですが、なんと、ゼルダ姫、手をかざしただけで固く閉ざされたドアを開けるのです。

 

え??!!という感じです。本当にすごい。恐ろしい。だって、我々主人公は鍵なしに(もしくは、すべてのモンスターを倒さない限り、または仕掛けを解かない限り)はドアは絶対に開けられませんよね?それなのに、なんと、ゼルダ姫は、手を、手をかざしただけで開くんです!私は剣で切りつけたり、体当たりしても開けられなかったのに!

 

ドアを開ける鍵のために、どれだけ穴に落ちたり、攻撃を受けたり、死にそうになったり、迷ったり、立ち尽くしたり、シーカーストーンに聞きに行ったり、苦しんだことか!それなのに、手をかざしただけ??この能力に、私はたいそうショックを受けました

 

時のオカリナのゼルダ姫は、シークという人物に姿を変えることが出来る

そして、よく考えてみると、ゼルダ姫の能力はこれだけではないということに、気づいたのです。ゼルダ姫は、時のオカリナというゲームにおいては、シークという謎の人物に何年もの間、成りすましていたんです。

 

そして、この姿は、ボスのガノンにも、見破られることがないほどの変装だったのです。いえ、変装ではないです、シークは、完全にゼルダ姫の姿とは別人です。全く別人の姿に姿を変えられるんです。ゼルダ姫は。

 

・・ちょっとまってください。完全に別人にへんげする能力がゼルダ姫にはあるということは、あの金髪の美しい普段のゼルダ姫だって、本物かどうかもあやしくはないでしょうか。

 

実は、本当の姿はたいそうな醜女なのかもしれない。でも、醜女では、勇者は自分に忠誠を尽くして戦ってなんかくれない。だから、金髪で見目麗しい美女にへんげしている。という可能性もあるのではないでしょうか。

 

そして、主人公はこの策略にまんまとはまったのです。美しいゼルダ姫のためにどれだけ苦労してハイラル王国のためにがんばったことか・・私の見たところでは、ゼルダ姫は、自分でハイラル王国を救えることは間違いないです。

 

というのも、時のオカリナのゼルダ姫には、これまでに説明した能力も含め、少なくとも次の3つの能力があるからです。

1.ゼルダ姫は、敵からの攻撃を完全に防御する能力があります。(最後のガノンとの闘いで見ましたよ、お姫さま。)

2.また、ドアを手を振りかざしただけで開ける能力があります。

3.すごい武器を作る能力があります。(ガノンを倒せたのは、あなたのおかげです。あなたが強い武器に作り変えてくれたから、ボスのガノンを倒せたのです。)

 

おそらく、この3つの力があれば、自分でダンジョンを攻略し、ガノンを倒せると思います。しかも、主人公より圧倒的な早いスピードで。速いスピードどころか、たぶん瞬殺だと思います。

 

なぜなら、完全防御しながらダンジョンを進み、ドアにぶち当たったら手をかざして開けてボスの部屋まで進み、すごい武器でとどめを刺せばいいだけのことだからです。

ゼルダ姫がガノンという宿敵を誕生させた首謀者かもしれない

ゼルダ姫はかわいいが怖い1

私は、このゼルダ姫自身が、ボスのガノンを復活させた首謀者である可能性があると思います。そんなはずはないと思いますか?あのかわいいゼルダ姫がそんなことをするはずはないと?・・いえ、そんなことがあるんです。ここで、追加でゼルダ姫の能力を、2つほどまとめておきましょう。

4.完全に別人の姿になる能力があります

5.かわいいかわいいゼルダ姫は、謎を解くのに必須の曲を何故かご存知です。ちなみに、主人公に曲を教えてあげたのも、このゼルダ姫です。

 

ゼルダ姫は、完全に別人の姿になれるということは、ツインローバなどにも成りすましたりできるのではないでしょうか。実はガノンを復活させたのは、変装したゼルダ姫自身なのかもしれません。謎を解くのに必須の曲も、ゼルダ姫ご自身が設定しておいたのではないでしょうか?でなければ、曲をご存知のわけがありません。

歴代ゼルダ姫の中でも最も恐ろしい「時のオカリナのゼルダ姫」

ゼルダ姫はかわいいけど怖い2

以上の考察からすると、ひょっとして、ゼルダ姫は、単に素敵な勇者さまに助けられるお姫様になりたいだけなのではないかと思ってしまうのです。だって、時のオカリナの主人公は、ゼルダ姫自身より、はるかに無能なんです。

 

この無能さゆえに、ゼルダ姫はわざわざ、ところどころで主人公に曲を伝授したり、ヘルプしなければならない。正直、あのような能力者のゼルダ姫が、あんな無能な主人公に助けてもらうなんて、意味が分かりません。自分で何とかした方が早いのでは?そもそも、なんであんな無能な人を選んだんでしょうか?

 

確かに、主人公リンクは、非常に運動神経がいいです。一般的な人よりは優れているのでしょう。でも、ガノンは運動神経がいいだけで、倒せるような相手ではないのです。実際、魔法の力を授けてもらうなり、多くの力を与えられたことにより、初めてボスを倒すことが出来たわけですし、ゼルダ姫ご自身と比べたら、やはり無能なのです。

 

ゼルダ姫は、か弱いどころか、すごい人です。自分でオカリナを吹いてハイラル王国を救えばいいではありませんか。いえ、分かっています。それでは意味がないですね、お姫様。きっと「素敵な勇者に救われるお姫さま」になるためにガノンを復活させたのでしょうから。

 

お姫様は、救われなければならないのでしょう。それが仕事なのですね。・・主人公は、ゼルダ姫のお遊びに付き合わされているだけなのではないでしょうか。つい、私はこう思ってしまうのです。

 

ですが、それでも、私はゼルダ姫のために、戦い続けるでしょう。たぶん、ゼルダの伝説シリーズをゲームをしつづけます。結局ゼルダ姫の思うつぼですね・・ゼルダ姫が私は大好きです。かわいい人には勝てませんね・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です