ニュースを見るのは意味あるどころか、むしろ害悪になる理由

ニュースを見るのは害

テレビ、新聞などで毎日ニュースをチェックするのは、私は害悪でしかないと思っています。(目的をもって見る場合は別です。)でも、小学校高学年にもなったら、新聞を読むべきだと思い込んでいる人がいたり、ニュースを見るのは「いいこと」だと思われているように、私は感じています。でも、いいことなんて私はひとつもないと思っています。

ニュースから得た情報は、役に立たないことが多い

ニュースは見る意味なし1

あなたは、ニュースを見たり聞いたりして、結局その情報を何に役立てているのでしょうか。答えられますか?情報というものは、使って初めて役に立つものであり、そのままでは役に立ちません。例えば、「日本の人口約1億人」という情報は、この情報だけでは役に立ちません。役に立つのは、何らかの背景があってこそです。次のような背景があれば、おそらく役立つでしょう。

 

「人が多い地域の方が潜在的顧客数が増えるから、人口の多い国に出店したい。だから、各国の人口が知りたい。まず日本の人口はどのくらいなのか知りたい。」こうゆう背景があって、「日本の人口」という情報が、初めて情報でなくなるのです。役に立つものに変わるのです。ところで、あなたはニュースの情報を何に役立てているのでしょうか。

 

念のため、一応、という理由でニュースや新聞を見ているのであれば、やめるべきかもしれません。役にも立たない情報収集に時間を費やしているだけでなく、次にあげるようなデメリットがあるからです。

人間はニュースで疲労する

あなたが余計な情報を得ると、脳は疲労します。散らかった部屋を見て、どこから片づけたらいいかわからない、という状況になるのは、「沢山物」により、脳が疲労してしまった状況です。同じく、ニュースから「沢山情報」を得ただけで、脳は疲労します。疲労すると、脳は集中力を失います。こうなると、あなたは本当に使うべきところで脳を使えません。

ニュースを見ても、成功できるわけがない

成功している人と言うのは、一般的には、何らかの事業で成功しているとか、地位が高いとか、金銭的に恵まれている人のことだと思います。ところで、もしあなたがこういった人の仲間入りをしたいのであれば、ニュースを見るのは必要不可欠でしょうか。

 

全然そんなことはないと思います。ニュースは成功に役に立っていないと思います。例えば、成功している大学教授であるためには、その専門分野に秀でていることが第一条件です。第一条件というか、これ以外に条件はほとんどありません。あとは運です。

 

英語がペラペラな人は、ニュースを見たからペラペラになったのではありません。英語を勉強したからペラペラになり、その仕事で成功できたのです。政治家として成功できたのは、ニュースを見たからではありません。ニュースを見ても、どうやったら政治家になれるのかの情報は得られないのです。

 

成功したいのであれば、ニュースにうつつを抜かすのではなく、やるべきことを見極めてやって価値のあることに時間を割きましょう。時間は有限なのです。

ニュースというものは、分かっている人が見て初めて役に立つ。普通は役に立たない。

ニュースと言うものは、得ようしている情報が明確になって初めて見る価値のあるものです。経済ニュースは、経済を分かっていて、こんな情報が欲しいな、と初めから何かを持っている人にとって役に立ちます。また、ある程度常識的な知識がない限り、そのコメントが尤もらしいものなのか、奇抜なものなのか、判断することも出来ないでしょう。正しい知識として使える段階に持ってこれないのです。ただ、テレビで「こう言っていた」という伝達レベルの情報にしかならないのです。

ゴシップニュースは、見れば見るほど自分の価値を下げる

これは、ニュースの中でも特殊なニュースかもしれません。殺人事件の報道や、芸能人のゴシップニュースのことです。こういったものが好きな人は、自らの意思でゴシップを引き寄せています。こんなニュースを見ると、常に殺人や人の噂話について意識してしまうからです。例えば、海外旅行で殺されるかもと心配になったり、自意識過剰になったりします。

 

噂好きな人を良く観察してみてください。とても自意識過剰なはずです。また、常に自分が悪口を言われているのではと心配している可能性があります。人間というものは、自分がやっていることを無意識に他人もしていると思い込むものです。

 

もし、ゴシップが好きなら考え直してみてください。他人から、根掘り葉掘り、ゴシップ的なことを聞かれたり詮索されたら不快です。あなたが、このようなニュースを見て楽しむということは、こういったことをするということなのです。これでは、自分の価値を下げており、自分の魅力を台無してしまいます。そして、自意識過剰な人になってしまいます。

 

人間が他人に興味を持つのは、習性であり当たり前かもしれません。でも、芸能人の詮索をするのをやめることで、自意識過剰という不幸からある程度、必ず抜け出せます。自分を幸福にするために、お試しください。

ニュースはあなたに悪い考えを植え付ける

ニュースが発信する悪いニュースを見たり聞いたりするだけで、我々は、世の中が怖いところだと思うようになります。人間は、いいニュースよりも、悪いニュースに敏感なように出来ているのです。みんな東日本大震災のことを覚えているでしょう。

 

大災害でしたから、覚えているのは当然でしょうか。でも、あなたはこれまで見てきたニュースの中で、逆に、人類に恩恵を与えたすばらしいニュースを覚えていますでしょうか。どのくらい挙げられますか。おそらく、悪いニュースの方が沢山思いつくはずです。今年のコメが例年通り十分な収穫だったことをどれだけの人が覚えているでしょうか。

 

人間と言うものは、危険を敏感に覚える機能が備わっているそうです。ですから、たとえいいニュースがあっても、たいして印象に残りません。悪いニュースばかりが脳裏に焼き付くのです。そして、悪いニュースが頭にちらつきます。これが、あなたの世界を作る元になってしまうのです。

ニュースを見ると、その世界に生きるようになる。でもそれはあなたが不快に思う世界かもしれない

ニュースは見る意味なし2

あなたは、ニュースの世界が素敵な世界だと思うでしょうか。中には、大の経済好きで、好きでたまらないという人もいると思います。こうゆう方は、大喜びで、ニュースの世界に生きればいいと思います。問題は、ニュースの世界が好きではない人のことです。株とか、経済とか、貧困とか、不動産とか、世界情勢とか、こういった世界を好まない人のことです。

 

残念ながら、ニュースを見ると、ニュースの世界が常に頭にちらついてしまいます。そして、その情報から、疲労もします。毎日、わざわざ自分の好きでもない世界を見ないでください。もっと好きな世界を見てください。

 

最後に

ニュースをなんとなく見ているのであれば、ぜひ、もう見るのはやめましょう。目的があってみるのはいいのです。でも、だらだらと情報を仕入れているだけなのであれば、「見ない」ことで得られるメリットも案外多いことをお伝えしたかったのです。それに、重要なニュースは、長期間に渡って報道されていますので、たまに見るだけでもきちんと情報を仕入れられます。

 

本当にメリットがあるのか、真剣に考えてみてください。また、本当に今しなければならないことが、ニュースを見ることなのか考えてみてください。みなさまが、納得のいく人生を歩めますように!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です