胸の色を薄くする方法

胸の色を薄くする方法

胸の色、すなわち乳首の色を薄くするにはどうすればいいのでしょうか??こういったことって、現実世界では聞きにくいと思います。

 

しかしながら、本気で悩んでいらっしゃる方がいるのもまた事実です。ですから、ここでは、乳首の色を薄くする方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

 

ちなみに、あそこが黒いのを何とかされたい方にも参考になる記事だと思います。すなわち、陰唇の黒ずみ対策をされたい方にもおススメの記事です。

 

ほんとに、あそこの黒ずみとか、その辺の友人に相談したら、変な人扱いですからね・・でも悩みは悩みです。あそこを美白したいという希み、持っていいんです。堂々と解決していきましょう。

 

そして、堂々ときれいな乳首を手に入れましょう。

バストを美白したい?簡単です。適切な漂白クリームを使用してください

乳首の色を薄くするには、漂白クリームを塗るのが効果的です。ハイドロキノンとトレチノインが入っているものがいいでしょう。ちなみに、ハイドロキノンは、バスト漂白の王道と言えます。

 

注意しておきますが、美白クリームは塗っても効果がありません。なぜならば、美白化粧品というものは、シミを予防するための化粧品であり、皮膚の色を変色させる(白くする)効果はないのです。

 

ですから、有名どころで言えば、資生堂のHAKUを塗ったり、非常に高価なポーラ化粧品を使っても、何の効果も見込めないと考えてください。

 

ひょっとしたら多少ブライトニング効果で「少し綺麗になった??」と思うこともあるでしょう。しかしながら、所詮そこまでの効果なんです。美白化粧品では、満足のいく結果が得られることはあり得ないと断言させていただきます。

 

というより、ちゃんと「色素を破壊」する効果がある有効成分配合クリームが存在するのに、全然別の効果を目的とした化粧品を塗る意味が分かりません。

 

また、乳首の黒ずみにヨーグルトを塗っている人なんかもいるらしいのですが、ヨーグルトに漂白成分が入っているということは期待できません。すなわち、全く効果はないと考えます。

 

そんなことをしても、黒い胸がピンクになったりしないのです。

 

残念ながら、こうゆう変な美容をやっている人は結構多いものです。やはり、情報が得にくいからでしょう。目的をはっきりさせ、すなわち「肌の色を変色(薄く)させる」という目的を忘れず、しっかりと乳首の美白に取り組んでいきましょう。

 

おススメ乳首漂白クリーム

私が使っているのは、こちらの漂白クリーム(注目のハイドロキノンクリーム 純ハイドロキノン5%配合 LANTELNO(ランテルノ) ホワイトHQクリーム 新規商品購入される方におススメ!)です。

 

効果を実感するまでの期間

私は塗って数日ちょっと効果を実感しました。そうゆうわけで、使い続けています。たぶん、1週間だけでも少し効果が見られたと思います。(私の個人的な感想です。これは、理屈で言うと実感が早すぎるので、プラセボ効果かもしれません・・)

 

あれ?間違いなく色が薄くなって変わったぞ!とう実感が得られたのは、1か月くらいしてからです。でも、まだまだ薄くしたいので、使用を続けています。

 

たぶん、この1か月くらいで効果を実感したというのは理屈でもあっています。というのも、肌(表皮)のターンオーバーは2週間から6週間と考えて差し支えないからです。

 

ですから、最低1カ月半くらいは使用してみましょう。しかしながら、3か月たっても効果が見られなかった場合は、個人的には使用の中止をお勧めします。

 

というのも、ナディノラクリームというハイドロキノン高配合クリームの注意書きに、3か月たっても効果が見られなければ、使用を中止するよう書いてあったからです。

(ちなみに、ナディノラクリームは私はあまり効果を実感しなかったです・・)

 

漂白クリームの選び方について

浸透させる!

ハイドロキノンって、実は非常に肌に浸透しにくいのです。

 

おそらく、先ほど私がちらっと申し上げたナディノラクリームで効果を実感できなかったのは、有効成分(ハイドロキノン)がメラニンが作られる場所にまで到達しなかったからだと考えています。

 

ハイドロキノン単体で配合されているようなクリームは、このような理由からおススメしません。

 

LANTELNO(ランテルノ)は、トレチノインが配合されており、ハイドロキノンの浸透力を高めてくれています。これが私がLANTELNO(ランテルノ)をおススメする一番の理由になります。

 

高濃度でハイドロキノンが配合されているものを使用すること

ハイドロキノンって、漂白効果は確実にありますが、そんなに強い効果があるわけではありません。なるべく高濃度のものを使用しましょう。

 

ちなみに、LANTELNO(ランテルノ)の場合、5%ハイドロキノンが配合されており、非常に濃度が高いです。なかなか、ハイドロキノンっていっても、効果のある化粧品に出会うまでが大変でしたね・・

 

純ハイドロキノンの配合されているものを使用すること

ハイドロキノンと言っても、純ハイドロキノン安定型ハイドロキノンの2つがあるんです。ちなみに、簡単に言うと、安定型ハイドロキノンは、純ハイドロキノンと比べて、同じ濃度であっても、効果は落ちる(3分の1程度)と考えてください。

 

乳首の色素は非常に頑固です。そして、色素を薄くすることは長期的に、適正な努力が必要となります。わざわざ効果の劣る化粧品を使う理由はありません。

 

LANTELNO(ランテルノ)は純ハイドロキノンが配合されていることも、私が選んだ理由の一つです。

 

最後に

そうゆうわけで、ここでは私が使用しているハイドロキノンクリームを中心に説明しましたが、ここで紹介したもの以外のものでも効果は見込めると思います。

 

ぜひ、ご自身に合った漂白クリームを探して、しばらく塗ってみてください。必ず効果が得られます!!!

 

まちがっても、美白化粧品だけは塗らないように・・・適正な化粧品を使用しましょう!!注意点はそれだけです!それから、乳首の黒ずみにヨーグルトを塗るとかいう変なこともやめましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です